テクニカル分析と称されるのは…。

スプレッドに関しましては、FX会社により異なっており、プレイヤーがFXで収益をあげるためには、スプレッド差が僅かである方がお得になるわけですから、この部分を前提条件としてFX会社を選択することが大切だと思います。 相場の変化も理解できていない状態での短期取引ということになれば、うまく行くはずがありません。何と言いましても、ある程度のテクニックと経験が求められますから、いわゆる新参者にはスキャルピン […]

海外FX|為替の動きを類推する為に欠かせないのが…。

システムトレードというものについては、そのソフトウェアとそれを確実に実行してくれるPCが普通の人が購入できる価格ではなかった為、以前はそれなりに資金的に問題のない投資プレイヤーのみが行なっていたのです。 MT4が使いやすいという理由のひとつが、チャート画面より直ぐに発注できるということなのです。チャートを確かめている時に、そのチャートのところで右クリックしたら、注文画面が開くのです。 デイトレード […]

為替の動きを予測する時に行なうのが…。

スワップとは、取引対象となる2つの通貨の金利差から手にすることができる利益というわけです。金額的には少々というレベルですが、毎日貰えますから、すごくありがたい利益ではないでしょうか?FX会社を比較する場合に注目してほしいのは、取引条件ですね。FX会社次第で「スワップ金利」等が異なりますから、個人個人の投資に対する考え方に見合うFX会社を、比較の上セレクトしてください。 FXに関して調べていきますと […]

FX口座開設さえ済ませておけば…。

スプレッドとは外貨を「売り買い」する時の価格差のことで、FX会社の利益になる売買手数料とも捉えられるものですが、FX会社毎に個別にスプレッド幅を設定しています。 MT4をおすすめする理由の1つが、チャート画面上から簡単に注文することができるということです。チャートをチェックしながら、そのチャート上で右クリックするだけで、注文画面が開くのです。 テクニカル分析のやり方としては、大きく分けるとふた通り […]

デイトレードとは…。

デモトレードを使用するのは、99パーセントFXビが初めての人だと考えられるようですが、FXのプロフェショナルもちょくちょくデモトレードを活用することがあるそうです。例えば新しく考案した手法の検証をする時などです。 FXを行なう上での個人対象のレバレッジ倍率は、かつては最高が50倍だったことを考えたら、「現段階での最高25倍は低すぎる」とおっしゃる方を目にするのも当然ではありますが、25倍でもきちん […]

海外FX|本サイトでは…。

スキャルピングで取引をするなら、極少の利幅でも強欲を捨て利益を確保するという考え方が必要だと感じます。「もっと伸びる等という考えは捨てること」、「欲はなくすこと」が重要なのです。 FXに取り組む上で、日本国以外の通貨を日本円で買いますと、それ相応のスワップポイントが付与されることになりますが、金利が高く設定されている通貨で低い通貨を買うといった時は、お気付きの通りスワップポイントを払う羽目になりま […]

FXを行なう上での個人専用のレバレッジ倍率は…。

レバレッジについては、FXにおきまして当然のように活用されているシステムだとされますが、投下できる資金以上の取り引きが行なえますので、僅かな額の証拠金ですごい利益を生み出すことも可能だというわけです。 FX口座開設の申し込み手続きを済ませ、審査が通れば「ログイン用のIDとパスワード」が簡易書留郵便などで届くというのが通常の流れだと言えますが、ごく少数のFX会社はTELで「内容確認」を行ないます。 […]

海外FX|MT4をパソコンに設置して…。

MT4の使い勝手がいいという理由の1つが、チャート画面上より手間なく発注することが可能だということです。チャートを確認している時に、そのチャート上で右クリックしますと、注文画面が開くことになっているのです。 スワップと言いますのは、「売り」と「買い」の対象となる二種類の通貨の金利の開きから手にすることができる利益のことを言います。金額にしたら決して大きくはないですが、毎日1回貰うことができますので […]

デモトレードと称されているのは…。

FXが日本国内で急速に進展した大きな理由が、売買手数料がとても安く抑えられていることです。初めてFXに取り組むなら、スプレッドの低いFX会社を選ぶことも大事です。 スプレッドと呼ばれている“手数料”は、通常の金融商品と比較しましても破格の安さです。はっきり言って、株式投資だと100万円以上の「売り買い」をすれば、1000円程は売買手数料を払うことになります。 FXにおきましては、「外貨を売る」とい […]

スキャルピングの方法はいろいろありますが…。

スキャルピングに関しては、数秒から数十秒の値動きを利用して取引を繰り返しますので、値動きがはっきりしていることと、「買い」と「売り」の回数がかなりの数にのぼりますので、取引コストが小さい通貨ペアをチョイスすることが大事になってきます。 チャートを見る場合に外すことができないと言って間違いないのが、テクニカル分析です。ご覧のサイトでは、豊富にある分析のやり方を1つずつ徹底的にご案内中です。 FX口座 […]